費用を節約できる!引越の時に工夫する3つのこと

荷物の片付けを工夫することで節約できる

引越しの価格を大きく変動させるのが、「トラックのサイズ」と「作業員の数」です。どちらも、荷物の量や大きさが関わってきますので、引越しの見積もりを取るときはできるだけ荷物を減らしておくことが大切です。例えば、冷蔵庫が古くなっているので買い替えを考えている場合などは、引越し前に処分してしまって、引越し後に新しいものを購入したほうが、新しい部屋に新しい冷蔵庫が置ける上に、引越し費用も節約できるというメリットが生まれます。家具や家電を処分するときは、廃棄業者に依頼するよりもリサイクル業者に依頼したほうが環境にやさしい上、場合によってはお金が戻ってくるのでお勧めです。

意外と知らない?訪問見積もりを取る時の注意点

引越しは見積もりを取るときから始まっています。訪問見積もりのときに、どうせ引越しはまだ先なのだからと部屋が散らかった状態で営業マンを部屋に入れることがありますが、これはあまり好ましくありません。営業マンは、荷物の種類や数以外にも、依頼者の人間性や部屋の状態をチェックしていたりします。依頼者の人間性に問題があったり、部屋が整理整頓されていなかったりすると、「これは当日問題が起きるかもしれないな」と思われて見積もり金額を高めに設定されてしまうということもあります。訪問見積もりに来た段階ですでに引越しは始まっていると考えて、万全の状態で営業マンを迎えることも大切です。

見積もりをとるときは一括見積もりサービスがお勧め

引越しの見積もりをとるときは、一括見積もりサービスなどを利用して複数の業者から見積もりをとることが重要です。なぜなら、最初から1社に決めてしまうと、競争がないために価格が高くなることがあるからです。一括見積もりサービスを利用すれば、たくさんの業者で価格競争が行なわれるので、見積もり価格が安くなることが期待できます。一括見積もりサービスで10社くらいからWEB見積もりを取ったら、そこからさらに3,4社くらいに絞って訪問見積もりをとりましょう。1人暮らしで荷物が少ない場合はWEB見積もりだけで足りることもありますが、後で荷物の量が違うなどのトラブルを避けるためにも訪問見積もりをとっておいたほうが安心です。

不用品の回収の依頼をしたい時は、ネットで見つけるのが一番手っ取り早いです。パソコンから簡単に申込むことが出来ます。

Comments are closed.