セキュリティを徹底的に高めよう!倉庫の選び方で犯罪を防ぐ

警備会社が到着するまでの早さも大切

どれだけ厳重なセキュリティを施してある倉庫であったとしても、そのセキュリティを突破されてしまった後の事も考えなければいけません。強引に倉庫の中に進入されてしまった場合にも対処出来る様に、その倉庫までどれぐらいの早さで警備会社が到着出来るのかを、徹底的に比較する様にしましょう。あまりセキュリティは厳重ではないけれど、警備会社が一瞬で到着する様な倉庫も、それはそれで価値があると考えて選択肢の中に入れておくのもオススメです。

倉庫の中に入るのも一苦労なセキュリティを選ぶ

多くの物をどれだけスムーズに持ち運び出来るかを重視するのではなく、選ばれたスタッフしか入れない様なセキュリティを重視して倉庫を選ぶ場合もありますよね。そういう時に選んでおきたいのが、指紋認証などのセキュリティが用意されている倉庫です。指紋がぴったりと合わなければ倉庫の中に入る事すら出来ないからこそ、不審人物が倉庫の中に進入してしまうのを防げます。近年では静脈認証なども注目されており、倉庫のセキュリティも高めやすくなっているのです。

耐熱処理に優れた倉庫選びも重視しよう

いくら衝撃に強い壁を採用している倉庫であったとしても、部分的に熱に弱いといった弱点を抱えている場合もあります。その一部をバーナーなどで焼き切るだけで、簡単に人間一人は入れる進入口が作られてしまう事も有り得るのです。だからこそ倉庫の耐衝撃性を重視する場合には、どれだけの熱に耐えられるのかといった情報もチェックしておきましょう。耐火性能に優れている倉庫は、火災があった場合にも倉庫の中の物を守りやすいといった利点もあります。

3PLは物流を外部の専門業者に任せることで効率化を図りコストの大幅な削減を実現することが可能になります。

Comments are closed.