トイレのトラブルは被害が大きくなる前に冷静に対応しましょう

トイレを詰まらせたことありませんか?

毎日誰もが使用するトイレ。トイレに入ると狭い空間のためか身動きがとりにくく、間違って胸ポケットに入れておいたライターやたばこ、携帯電話など、大切なものを便器の中に落としてしまった経験はありませんか。手を入れて取り出すにも勇気がいるし、そのまま流してしまおうとすると大変なことになります。トイレ詰まりの原因は不慮の事故以外にもさまざまあります。水に溶けにくいティッシュペーパーを流していたり、トイレットペーパーであっても大量に流すと詰まってしまうことがあります。なにげなくそんな行為をしていませんか?

吸引カップを備えておきましょう

もしもトイレが詰まってしまったら、タンクの水を繰り返し流してしまう行為は慎重に行いましょう。水圧で流れるほどの詰まりであればよいのですが、詰まりが解消されないと便器の中に水があふれてしまいます。冷静に考えれば判断が付くことも、突然の出来事だとつい試みたくなる行為の一つです。まずは緊急策としてスッポンとも呼ばれている吸引ラバーカップを使用してみましょう。吸引カップを使用の際には水はねに注意が必要です。便器にビニール袋を覆い、真ん中に穴を開けて吸引カップを差し込むと水はねが回避できますよ!

押してもだめなら引いてみましょう

吸引カップでもトイレ詰まりが解消されない時には、ワイヤー式のパイプクリーナーの登場です。あまり一般家庭に常備していないかもしれませんが、DIYなどで購入することができます。スプリングのようなワイヤーを内部へ差し込んでいき、詰まっている異物を引っかけたり、押し込んだりして取り除きます。異物が解消せれたか確認する時は、バケツに入れた水を少しずつ流して水の流れを確認するとよいですよ。自信のない人は専門の業者に頼んだ方が二次被害が出なくてよいかもしれません。日頃から使うトイレだからこそ大切にしていきたいですね!

水漏れには、トイレやお風呂・水道管など家庭での様々な場所からの場合があります。発見した場合は早めに、専門の業者に依頼して修理してもらうことをお勧めします。

Comments are closed.